Windows7を使っているうちに気になるのが、起動時間が次第に長くなってくる点です。
Windows7では従来のバージョンに比べて起動が遅くなりにくく作られているが、残念ながらWindowsの構造上、遅くなってしまうのは半分宿命的なものです。

ただし、ユーザーのメンテナンスにより、ある程度は改善できます。
最初に試したいのは、ハードディスクのメンテナンスです。

Windows7には、ハードディスクの不要ファイルを簡単に削除できる「ディスククリーンアップ」と、ハードディスクのアクセスが頻繁になる原因の「ファイルの断片化」(フラグメンテーションとも呼ばれます)を防止する「ディスクデフラグツール」があります。

これらを実行することで、ハードディスクのアクセス速度の低下を回復でき、結果としてパソコンの起動時間も高速化されます。
なおデフラグは数時間かかることもあるので、時間に余裕がある時に実行します。

最初に「ディスククリーンアップ」を実行します。「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「システムツール」の同名項目から起動し、OKをクリックします。

ファイルの削除画面が表示されたら、「ファイルの削除」をクリック。
これで、不要ファイルが削除されます。

ディスクデフラグツールは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「システムツール」の同名項目から実行します。
「ディスクの最適化」をクリックします。

終了しても告知画面などは、表示されず「最後の実行」欄に実行した時刻が表示されるだけです。
「閉じる」をクリックして終了します。