WindowsXPでは修復インストールができましたが、Windows7にはWindowsの修復を目的にした特別なモードはありません。

そのため、Windows7の修復を行うには、通常のインストールと同じ手順で作業を進めて、「インストールの種類」で「アップグレード」を選択する必要があります。

なお、アップグレードによる修復は、状況によってはWindows7が不調になったエラーの原因をそのまま取り込んでしまう危険があります。

そのため、リスク軽減の意味では、アプリケーション(ソフト)の再インストールや設定などが面倒でも、新規インストールを行った方が安全で確実性は高いです。

○Windows7を起動した状態でインストールディスクからセットアップを開始し、「今すぐインストール」をクリックします。

○通常のインストールと同じでライセンス契約条項で「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

○「アップグレード」を選択します。

○以降は自動でアップグレード作業が実行されます。ファイルをチェックするので、通常のインストールより時間がかかります。