これは、そのソフトが「スタートアップ」という場所に登録されているために起こります。

これを止めたい場合、「スタート」メニューの中にある「スタートアップ」のフォルダーから、起動させたくないソフトのショートカットを削除すれば次回からはWindows 7と同時にそのソフトが起動する事はなくなります。

もちろん、スタートアップから削除しただけでソフト自体をアンインストールしたわけではないので、そのソフトを今まで通り使うことも可能です。

ソフトによってはインストール時に、スタートアップに登録するかどうかを選べる事があります。

パソコンに慣れてきたら、ソフトのインストール時に、設定項目をよく確認してみるといいでしょう。

スタートアップの中に登録されていないのに、ソフトが自動で起動する事があります。

これは、そのソフトがWindows 7のレジストリという設定項目を自分で書き換えて、自動的に起動するように設定しているからです。

このような場合は、そのソフトの設定を変更することで、自動的に起動しないようにすることが可能です。

まずは、ソフトのメニューの中から、「ツール」や「オプション」や「設定」などといった項目を探します。

その項目が見つかったら、クリックして設定画面を開きます。

その設定画面の中に、ソフトの自動起動についての項目が用意されているので、自動的に起動しないように設定を変更します。