パソコンに保存した古いファイルのファイル名を忘れてしまったり、検索のキーワードも思いつかず、検索するのに困ってしまうこともよくあります。

そのような場合は、Windows7の検索機能では、ファイルの種類や拡張子、更新日時などを手がかりに検索を実行できるので便利です。

検索ワードを入力しないで、ボックスをクリックし、「検索フィルターを追加」の欄に書かれた「分類」「更新日時」「種類」「名前」をくりっくして表示される条件からだいたいのものを指定します。

「分類」と「種類」が分かりにくいですが、「種類」はファイルの拡張子を指定するもので、「分類」は大まかにファイルの種類を指定するものと考えてください。

もし、検索候補が表示されなかった場合は、検索ボックス内の条件の文字をクリックすれば条件を再指定できます。

逆に候補が多すぎた場合は、別の検索フィルターを追加することで、さらに検索を絞り込むこともできます。

○検索ボックスをクリックすると検索フィルターが表示されるます。検索に使いたい項目をクリックします。

○「分類」では、大まかなファイルの種類を選択できます。ただし、大まかなために、検索するフォルダーによっては大量のファイルが候補として出ます。

○「種類」では、ファイルの拡張子を指定して検索が可能です。

○使用頻度の高い「更新日時」。日時の直接指定だけでなく、大まかな範囲での指定ができる。