動画ファイルの中には、Windows Media player では再生できないものもたくさんあります。

その原因の多くは、動画を再生するのに必要な「コーデック」が足りない為です。

動画の容量を手ごろな大きさに圧縮するために多くのコーデックが存在しています。

文字が分からなければ本を読めないのとおなじように、対応したコーデックがなければ動画を再生できません。

各種コーデックの詰め合わせパッケージがインターネット上で配布されているので、インストールします。

また、Windows Media playerが対応していないファイルを再生できる再生ソフトも配布されています。

○ Windows Media player の「バージョン表示」からテクニカルサポート情報を開くと、サポートされているコーデックの一覧が表示されます。

○ K-Life Codec Pack(各種コーデックの詰め合わせパッケージ)をダウンロードします。
http://www.codec.com