パソコンの調子が悪くなったり、起動しなくなるなどのトラブルは突然にやってきます。

その原因は、直前に行った設定変更やアプリケーションのインストールなどの作業によることが意外と多いのです。

なので、直前の作業や操作を思い出してチェックしてみるのが重要です。

その時に、ウインドウにメッセージが表示されていなかったか、いつもと違うことがなかったか。

トラブルの解決のヒントが見つかる可能性は高いので、よく思い出してみます。

単純に取り消し可能な操作の場合なら、取り消しをして元の状態に戻してみます。

トラブルの原因をしらべて、解決対応をするときに注意するのは、複数の作業をまとめて一度に実行しないことです。

焦ってしまい、次々と作業を行うと原因の特定が難しくなり、最悪の場合はより深刻なトラブルに発展することもあります。

一つの作業が完了したら動作確認をし、何が変わって何が変わらないのかを見極めます。

作業内容をメモに残すは、失敗の時に役にたちますのでお勧めです。

時間はかかりますが、焦らずに着実に行動することが、結局は早道になります。